にっくきシミを消す治療法大百科

ガンコなシミを消したい人注目!効果バツグンのシミ取り治療を徹底調査

No1

第1位 銀座美容外科クリニック

初診費用
390円〜
初診料
無料
再診料
無料

シミ治療の詳細を見る

No2

第2位 メディアージュクリニック青山

初診費用
11,800円
初診料
3,000円
再診料
無料

シミ治療の詳細を見る

No3

第3位 聖心美容クリニック

初診費用
24,840円〜
初診料
無料
再診料
無料

シミ治療の詳細を見る

シミ治療が得意なクリニックHOME » 治療でガンコなシミを消した人の体験談まとめ

治療でガンコなシミを消した人の体験談まとめ

20代、30代、40代、50代の世代ごとに発生しやすいしみの種類と改善法、対策法をまとめました。治療によってシミを消した人の体験談もご紹介します。

 【年代別】美容皮膚科の治療でシミを消した人の体験談

年代を問わず、女性を悩ませるシミ。

できてしまうと一気に老いを感じさせるシミですが、シミには「老人性色素斑」「色素沈着」「そばかす」「肝斑」などの種類があります。

年代ごとに発生しやすいシミの種類と、適した改善法は異なっているのが特徴です。

各世代でどんな予防法や治療法が適しているかを知り、年齢に合った対策を取り入れていきましょう。

20代のシミと対策法

若いからシミとは無縁と思われがちな20代。でも、学生時代に紫外線を浴び続けていた人や紫外線対策を怠っていた人は、20代でシミができてしまうこともあります。

シミができてしまったらどう対処すればいいのか?予防法やおすすめのシミ治療をチェックしましょう。

30代のシミと対策法

若い頃に浴びてきた紫外線のダメージに加え、ストレスによるシミも増え始める30代。また、妊娠や出産などによるホルモンバランスの乱れからできる肝斑も目立つようになってきます。

この時期に、適切な対処と予防をどれくらいできるかによって、40代、50代の肌も変わってきます。そのためにも、具体的な原因と対処法をマスターしておきましょう。

40代のシミと対策法

紫外線がターンオーバーの乱れによってシミに変わる、老人性色素斑に加え、肝斑が最も増えてくる時期。

肝斑は、頬や額、口の周辺にできる地図上のベタっとしたシミで、女性ホルモンが影響していると言われています。

肝斑は、一般的なシミとはメカニズムが違うので同じようなケアをしていると悪化する可能性があります。美白ケアをしているのにシミが消えないという人は一度、医療機関の診断を受けることをおすすめします。

50代のシミと対策法

肌トラブルが顕著になる50代では、シミをコンシーラーやファンデーションで隠すために何度も化粧直しをされる方が少なくありません。

しかし、そのように肌に刺激を与え続けると肌がダメージを受けてしまいシミが悪化する可能性もあります。正しいケアを知り、シミができにくい肌質へと導いていきましょう。

 

このサイトについて

シミの原因やシミを消す治療方法、シミ治療が得意なクリニックについて、個人的に調査してまとめたサイトです。
限定キャンペーンや診察料金等の最新情報は、各クリニックの公式サイトをチェックしてください。

種類別 シミを消す治療法まとめ
シミ取り治療ならおまかせ!おすすめクリニック一覧
クリニックでの治療で確実にシミを取るには
シミ取りに超有効!代表的なレーザー治療リスト
シミ取りの救世主!代表的な光治療リスト
美白効果を高める! 代表的なシミ取り治療リスト
他にもたくさん♪定番のシミ消し治療リスト
治療でガンコなシミを消した人の体験談まとめ
PAGE TOP